テーマ:エンジン

ブローエンジンその2

ブローエンジンのつづきですが、これは、クランクを押さえているラダーフレームです! これは、普通の車の場合これほどしっかりしたものではなくて、単純にクランクだけを押さえる部品だけなのですが、F20Cの場合レーシングカーと同じ手法でフレームと一体化した構造で剛性を上げて振動を抑える構造になっているそうです。普通のエンジンの場合、振動を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブローエンジンについて

2月にブローしたF20Cエンジンを、Kさんにばらしてもらいました。 ブローの原因 クランクメタルの焼きつきによるクリアランスの変化が原因のようです。オイルパンを外したら、メタルの破片が無数に出てきたそうです。 破片 親メタルに破片を噛んだ跡(ピンボケですいません) メタルの焼きつきが何で起こったのかが問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MAZE 画像

前回の間瀬の画像です。 提供者Nくん?(相方撮影?) 駐車場にて 作業中 ピットロード エンジンルーム ハネ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアクリーナー

エアクリーナーを交換します。 無限のエアクリーナーが届きました。今までSPOON製を使っていたんですが、大分寿命を過ぎていたのと、多少細かな埃を吸い込んでいるように感じたので、NEWエンジンへの影響も考えて、交換しました。まだ、走行していないので何ともいえませんが、ノーマル形状にスポンジを巻いた状態のものですが、使用材質はまったく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アイドリングの不調について!

アイドリングのバラつきの原因がわかりました。 スロットルボディーのバタフライ部分と、本体との隙間の汚れが原因だったようです。 テクトムのエラーメッセージは正常でした。センサー系で良くあるのは、スロットル開度センサーのトラブルらしいのですが、S2000のスロットルボディーは40000円以上もするので、ウソでしょーと思いました・・・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

慣らし つづき

慣らしは順調です。ほぼ完了。 副会長に手伝ってもらいつつ、実は今日もお願いして距離を稼いでもらっています。 昨晩、サイレンサーを外して乗ってみたのですが、外した方がもちろんパワー出ますね! 外す前よりも、更にレスポンスもトルクも出ていることに驚きました。凄いとしか言えない・・・ これ、反則どころの話ではないかも(笑)何回も言…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

慣らし

慣らし運転をしました。 副会長に手伝ってもらって、高速道路で慣らし運転をしました。最初よりもあたりがついたのか、滑らかなフィーリングが増してきました。6速でも、十分な加速をしてくれるので、慣らし運転なのに楽しかったです。6速の方が、負荷をかけやすいので、うまく慣らしが出来そうです。 正直いって、パワー出てます!! 20…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

エンジン (2.2L)

待望の2.2Lエンジンが載りました。 延び延びとなっていた2.2Lエンジンが載りました。エンジンに火を入れると、排気音が野太くなったことに気づきます。 レスポンスも、逆に良くなっています。トルクで回転を楽に押し上げているような感じです。 ロングストロークだから、もたつくのかなと思っていたら全く逆でした。アイドリングは、エンジン…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

今週F1開幕ですね!

F1バーレーンGPが開幕しますね。スーパーアグリは、完走目指して頑張って欲しいです。 佐藤琢磨と井出有冶の日本人コンビが今年から新しいチームで走るのは、凄いことですね。あと、これから日本人のF1への、近道ができたのがいいことだと思います。鈴木亜久里は只者ではありませんね!周回遅れが何周になるかは、わかりませんがベストを尽くして欲し…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

その後・・・

こいつが、今週届く予定です 受注生産で、1週間ぐらいの納期だったそうで。信頼性と、価格の面からSPOON製に落ち着きました。もともと、SPOONで造ってもらったSなので、切れない縁とでも言うのでしょうか、落ち着くところに落ち着いてしまうのですね! 2.2Lなので、専用マッピングのコンピューターとバッフルオイルパンが必要です。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

エンジン その後

エンジンヘッドオーバーホール、その後の調子は最高です。 ヘッドオーバーホール(ピストンリング交換とも)をして1000キロ以上走行しました。 オイルは全く減らなくなりました。正直うれしいです。原因はオイル下がりによるものと、ほぼ確定しました。約45000キロ走行(サーキット走行含む)でこうなってしまうのは、高回転エンジンの宿命的…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エンジン おわり

エンジンが治りました。 まずエンジンを始動すると、メカニカルノイズがかなり減ったことに驚きました。ガシャガシャした音がまったくありません。静かな寝息をしているような音になりました。 次に、発進する際のトルクが太くなったことです。今までは、クラッチを強化したせいだと思っていた発進の気難しさが無くなってスムーズに楽に発進できる様に…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ヘッド組み込み完了

ヘッド組み込み完了 ヘッド組み込み完了した写真です。補器類を取り付ければ、完了です。 実は、昨日副会長に手伝ってもらって慣らし運転してきました。 エンジン音が非常に静かになりました。煙も出ていないようです。トルクも出ています。 また、インプレッションします。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

オイルパン

オイルパンのバッフル加工状態 外した、オイルパンの状態です。(洗浄済み) スプーンのバッフル加工品です。 サーキットには必需品ですね。参考までに・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジン つづき8

ピストンの状態 ピストンを外してみました。写真でもわかるように、リングの間に縦のスジが入っていますが、 これがオイル上がりの跡です。特に4番ピストンに多いです。あと、ピストンが首を振った跡がピストンスカートに残っているので、ちょっと心配です。 紆余曲折があって、ピストンはそのまま使用して、ピストンリングを交換します。リング交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジン つづき7

バルブを取り付けました。 ステムシールを取り替えてバルブを取り付ける作業をしました。 ステムシールは、インテーク側と、エキゾースト側が微妙に違うということをはじめて知りました。 オイルを完全にシールするだけではなくて、バルブに少しオイルがあたるような仕組みになっているらしく、それが、イン、アウトで微妙に違うみたいです。 ス…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

エンジン つづき6

インマニも綺麗にしました。 キャブクリーナーを3本ぐらい使って、内部の汚れを洗浄しました。 写真を見るとわかりますが、ヘドロのようなオイルと砂やカーボンがドロドロと流れ出てきました。 この状態で走っていたのかと思うと、ゾッとします。 エアクリーナを通ってしまう砂埃やチリがこれほど有るのでしょうか?インマニの一番奥が4番ピス…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

エンジン つづき5

インテーク側の段差を修正しました ヘッドのインテーク側は、ちょっと写真が無くなってしまったのですが、ガスケットと本体の精度があまりよくないので、リューターで削ってみました。 マイナスさん曰く、インテグラも削ったら、格段に良くなったらしいので(サーキットで実証済み)ので、期待してやってみます。 確かにエキゾースト側と違って、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジン つづき4

摺り合わせ完了 バルブの摺り合わせが終わりました。最初の写真と比べると、格段に綺麗になったでしょ! 後は、ステムシールを取り替えて、バルブをセットし直す予定です。 ヘッドやブロックの構造とかを観察するのも面白いですよ。 冷却水やオイルの流し方、バルブの動き方やその抵抗とかは、実際触ってみないとわからないものですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジン つづき3

バルブの摺り合わせをしてみました。 ヘッドの汚れも落として、バルブの摺り合わせを行いました。 一本ずつバルブコンパウンドを付けて何回も摺り合わせをして、ヘッドとバルブの接触部分を2ミリくらいのラインが出来るまで行います。何回か行うと、綺麗にバルブにアタリが出てきます。 これも根気のいる作業です。 バルブは再使用するので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジン つづき2

バルブを綺麗にしてみました。 写真上部がインテーク側のバルブ 下部がエキゾースト側です。 インテーク側にしつこいカーボンが付着してました。落とすのに一本辺り15分から20分はかかります。 結構綺麗になりました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジン つづき

エンジンを開けてみました。 4番のバルブがカーボンとオイルまみれになっています。プラグも、画像だと見えにくいですが、かぶりぎみです。オイル下がりが酷いようです。 あと、シリンダーが傷だらけでした。各部を測定したところ、スプーンのコンプリートエンジンは、シリンダーボーリングとホーニング加工がされていて、オーバーサイズピストン(0…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ピストン交換

ピストンとヘッドのO.Hをすることになりました。 以前より問題だった、オイル上がりの症状を解消するべく、対策品のピストン・ピストンリング(オーバーサイズ)に交換することになりました。Hディーラーサービスマンのマイナスさんにお世話になります。ついでにバルブの摺り合わせとかも、夜な夜なチャレンジする予定です。 シリンダーブロックが…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more